FireタブレットにOpenVPN for Android導入

Amazonで販売しているFire 7 タブレットにOpenVPN for Androidを導入しました。少々接続に手間取ったのでその設定手順を公開します。

購入したのは、こちらのモデル。

同時に購入したAmazon製のカバーと千円も変わらない値段でした。Fireタブレットは外出先でFreewifiスポットにも接続できます。しかし公開ネットワークでは通信内容を盗聴されるリスクがあります。そこでVPNクライアントを導入しFreewifiスポット(公開ネットワーク)接続時のセキュリティを確保しようと思います。

前提:自宅又はVPS等にOpenVPNサーバを導入済みであること。

参考:当Blog内の導入記事「CentOS7にOpenVPNをtun設定で導入する

1.サーバ側設定

接続先のOpenVPNサーバで今回追加接続するFireタブレット用のクライアント証明書を発行します。発行する手順は、当Blog内記事を参照してください。接続元クライアントで使用するのは下記のファイルです。

NO ファイル名(例) 説明
1 ca.crt CA証明書
2 ta.key TLS認証鍵
3 clhsv703.crt クライアント証明書
4 clhsv703.key クライアント証明書キー
2.OpenVPN for Androidインストール

OpenVPN for AndroidをFireタブレットにインストールします。簡単なのはアマゾンアプリストアから94円で購入する方法です。費用をかけないのであればGooglePlayストアを導入しそこからインストールする方法もあります。GooglePlayストアの導入についてはこのリンク先記事を参照してください。

私はGooglePlayストアから導入しました。

3.OpenVPN for Androidの設定

インストール後の設定手順を説明します。

(1)プロファイルの追加

上部の+ボタンを押してプロファイルを追加します。

プロファイル名をhsvで設定します

(2)基本設定の編集

Android証明書管理→証明書に変更します

ca証明書、クライアント証明書、クライアント証明書キーを設定します

(3)接続先リスト

接続先サーバアドレスを設定します

(4)認証/暗号化設定

証明書のホスト名を確認するのチェックは外します。TLS認証を使用するにチェックしTLS認証キーである「ta.key」を指定します。

以下の通りTLS Directionを1に設定します

他の設定はデフォルトのままで大丈夫です。以上で設定は終了です。

4.接続

OpenVPN for Androidの初期画面でプロファイルにタップするとVPN接続処理を開始します。以下の通り無事VPNサーバに接続できました。(ipv6は使えないと怒られてますが)

これでFireタブレットから安全に外部と通信できるようになりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする